雨音を聞きながら



カテゴリ:スイス( 5 )


おぉ! ブレネリ 最終回


私はいつも突然思い立って
すぐに行動してしまうのですが、
その行動力、フットワークの軽さが
ちょっとした自慢でもあります(なんてね。)
(いつもはひきこもり大好きなんですけどね 笑)

今回もさっぱりドイツ語わからないくせに
全てドイツ語のイベントになんとかなるだろうと参加したり
(無鉄砲、とも言いますね。。。)
受験の日が発表されたのが9月30日で、
受験が10月7日だとわかったとたん、
行こう!と決めてしまったり。。。
(急いでホテルと電車の手配しました。)
でも、常に動けるようにしておくことは、
大事なことだと思っています。

えいこさんとお話してて、
言葉がわからない時は、気合と想像力で頑張ってます、と言ったら
それは、即興でもとっても大事なことだよ、と言われました。
4日間どっぷり即興に触れ、本当にその通りだと。
気合と想像力。勇気と意志と行動力。
即興音楽って、ものすごい可能性を持っていると思います。
現代、難しい、と思われがちですが、
実際はとても原始的で人間的で、
これが音楽の原型なのでは、と思う程。
少しでも興味を持たれた方は、
思い切って即興に触れてみてください。
病みつきになること、間違いなしです☆
即興音楽って、楽しいんですよ♪♪♪

コンサート会場の建物の中。役所らしい。さすがコルビュジュエさんを生んだ国。↓
e0090888_7384168.jpg

ルツェルン駅、ホーム。↓
e0090888_740158.jpg

[PR]
by sora-yuki82 | 2005-10-14 07:08 | スイス

おぉ! ブレネリ その4


そもそも(3回目 笑)、ほんとは今日(13日)
まいこさんが合流する予定だったんです。。
でも、オケとの合わせが入ってしまったらしく、
来られなくなっちゃったんです。。。(>_<)
まいこさんは今オーケストラをバックに協奏曲を演奏中♪
すごい人なのです。
ゆかりの初リンクの人であり、
崖っぷち隊、隊長でもあります(現在隊員3人 笑)
とっても素敵なおねえさんです☆
次回(3年後だけど。。)は一緒に行きましょうね~♪

午前のゼミナールで話されていた、
即興音楽の評価の基準というものを
えいこさんが訳して教えてくれたので、
書いておきます。

1、流れに納得がいくか。
  (例えば急にリズム変わったり音量変わったりした時に、
   その理由が説明できるか、ということだと思います。)

2、自分のオリジナリティが出ているか。
  (奏法や形式が、既成の真似だけになっていないか、ということですかね。)

3、勇気を持ってアイデアを提示できているか。
  また、それを可能なところまで持続できているか。
  (やり始めたら、やり通す、ということですね。難しいです。)

4、集中力が途切れていないか。
  (音がない時間にごそごそしたりしない、とかだと。)

5、グループの場合は、まとまり感があるか。
  (コミュニケーションがうまくとれているか、ということですね。)

この5つの基準、よく見るといろんなことに当てはまる気がします。
日常生活やら集団生活やら。
根本的なもの、なんですね。

いいものを創る、という作業は
色々な事に関係してくると思います。
環境やら時間やら。
自分にとっての、いいもの。
自分の精神をみつめること、とか
自分が今何をしているのかを自覚すること、は
音楽の世界だけじゃなく、日常の中でも、大事なことだと思います。
うーん、うまく言えない。。。
他の人がみて(聴いて)どう思うか、の前に、
自分を納得させるだけの、
自分を感動させるだけの演奏を
心がけたいものです。
せめて心がけるだけでも。。。

ワークショップの先生と。サックス奏者。↓
e0090888_734772.jpg


続きは自分の為の記録です。

More
[PR]
by sora-yuki82 | 2005-10-13 06:08 | スイス

おぉ! ブレネリ その3


そもそもいつから即興やってるかというと、
それは2003年、12月末のことでした。
広島で「コブラ」という即興音楽ゲームが行われたのです。
日本で唯一制作者であるジョン・ゾーンから、
やってもいいよ、と認められている(らしい)、
巻上公一さんという方が東京から来られて、
ワークショップとその後コンサートというイベントでした。
私がチラシでそれを知ったのはその日の約1週間前。
どうしてもこれは面白そうだ!ということで、
参加すると聞いたギターの先輩に連絡をとり、
急遽参加させてもらえることに。
それはもうすごい人でした。巻上さん。
そして、ハマリました。即興に。
(コブラのルール覚えるのは大変だったけど。)
その後寺内先生というエリザベトのソルフェの先生
(だった。今はオランダ在住)
のお誘いを受け、クリエイティヴミュージックフェスティバル(CMF)
というイベントに参加。
フランスでのサックス講習会(GAP)の後
速攻で帰国、関空から直接会場である岡山まで高速バスで移動、
というハードな日程の中、そこでウルスライムグルーバーという
どえらいサクソフォニストに会う。
即興やりたい!やり続けたい!!
と思った原因になった人です(笑)
彼の音は、自然界に存在する音で
無理なことは何もなく、聴いていると
身体が浄化されていくように感じました。
(もちろんテクニックもものすごいんですが。)
その後、秋にウルスの日本ツアーがあって、
京都まで聴きに行ったり(台風で新幹線とまって大変だった)
フランス留学することになってメールしたり
(彼はパリ在住なので)・・・・・で、
現在に至ります。
なので、即興歴、長くないんですよ。
まだまだ初心者なんで、これからもいろんな刺激を受けて、
自分の引き出しを増やしていく予定です♪

さて、スイス記録です(忘れてました)☆
ルツェルン音大は丘の上にあって、
とっても見晴らしがいいんです。
広大な敷地内にはぽつんぽつんと
ちっちゃいお城のような建物が(練習室とかレッスン室とかに使われてる)。
そのお城を結ぶ道の他は全部木々と芝生!
滞在中ずっと午後晴れていて、
芝生の上でひなたぼっこしている人達が
とっても気持ちよさそうでした。
えいこさん談、昔の伯爵とかの持ち物だったのを
そのまま使っとんじゃないんかねーと。
(あ、広島弁なっちゃった。)
こんな環境の中で練習してたら、
音も身体も澄みそうだな、と。
実際空気がほんとにきれいで、
たくさんたくさん呼吸してきました(笑)
是非また行きたいです。

この公園を抜けると、音大に続く坂道。↓
e0090888_3443456.jpg

霧のむこうに見えるのは・・・音大の一部です。敷地内にて。↓
e0090888_346434.jpg


続きは自分の為の記録です。

More
[PR]
by sora-yuki82 | 2005-10-12 03:07 | スイス

おぉ!ブレネリ その2


そもそもどういうイベントだったかというと、
6.Internationale Tagung Fur Improvisation
っていう、3年に1度ルツェルンで開かれる国際即興会議、なのです。
会議、だからコングレスとかゼミとかもあって
そういうのは聞いてもわかんないから
(だって全部ドイツ語なんだもん。国際、なのに。。。)
その間に一人で観光がてらお散歩して、
ワークショップと夜のコンサートだけ参加してました☆
即興に言葉はいらない。
と固く信じて、気合と想像力で頑張りました。ワークショップ。
えいこさんに助けてもらいながら。
えいこさんがいない場面では、
ゆかり一人の為にわざわざ講師の先生が
フランス語で言い直してくれたりとか。。
(でも半分くらいしかわかんなくて、申し訳なかったです。。)
即興に言葉はいらない。
だけど言葉の壁は厚かった。。。
ドイツ語がわかればもっともっと楽しいのに!!!
っていう場面がたくさんあって、
もどかしかったです。。。
でも!!!!!
言葉わかんなくても楽しめるってのが、
芸術の醍醐味ですよね☆
ということで(笑)

ワークショップの会場、ルツェルン音大の一部↓
e0090888_1241308.jpg

刑務所の独房(客室)前と廊下↓
e0090888_12415296.jpg




続きは自分の為の記録です。

More
[PR]
by sora-yuki82 | 2005-10-11 11:51 | スイス

おぉ!ブレネリ その1


スイス記録です。
まずスイスに入って車窓から景色見ながら思ったことは
(リヨンから電車でジュネーブ乗換え)
街並みがなんか日本に似てる!
日本というか、広島の山陽本線(ローカルですみません)。
海田市から西条くらいの。
山があってトンネルがあってちょっとした町があって
さすがにたんぼはないけど畑はあって、、、みたいな。
こころなしか建物も似てたり。
といってもフランスよりはってことですが。
最近ちょっと帰りたいからかなー。。。
ルツェルンは、きれい。
何がきれいかって、犬の落し物がないんですよ!
びっくりっすよ。ほんとに。
犬は結構歩いてるのに、全くといっていいほど見当たらなかった。
もちろん踏みそうになることもなし!!
いやー立派な街です。
安心してお散歩ができます。
あとね、お店に展示してある服とか小物とか文房具とか、
全部きれい!洗練されててみとれるくらい。
そのかわり物価が高い。。。
おそるべし、スイスフラン。(ユーロじゃないんです)
街自体は大きくなくて、歩いて回れるくらいの規模。
だからすごく観光し易かった。
大きな湖があって、白鳥がいて、ヨットや船が浮かんでて、
屋根がついてる木の橋があって、
丘に登れば遠くにアルプスが見えて、
午前中は霧で幻想的で、
時間は教会の鐘が教えてくれて、
感動尽くしです。とってもいいとこです!!!
98年まで刑務所だったところを改造したホテルに泊まって
(だって格安だったんだもん)
夜は、なんか出そうな雰囲気と、時々聴こえてくる教会の鐘と
窓に嵌った鉄格子が外の光でお部屋の壁にうっすら映ってる中で
眠りました。毎日ぐっすりと。
街の言葉は全てドイツ語。
しかしそこはさすが観光国スイス。
フランス語も英語も通じました。
どっちもあんまししゃべれんけど。。。
えいこさんという、CMFで知り合ったドイツ在住の先生に
大変お世話になりました。
ありがとうございました。本当に。
日本人は2人だけだったけど、3日目からなかじ先生という
ドイツに来られていた音楽教育の先生も合流。
えいこさんとなかじ先生は前回に引き続きの参加で、
毎回ひとりずつ日本人が増えているので、
じゃあ次回は4人だねってことでした☆


水上の木の橋↓
e0090888_954829.jpg

元・刑務所のホテル↓
e0090888_9581444.jpg




続きは自分の為の、
即興音楽についての記録や感想にするので、
気になる人だけどうぞー

More
[PR]
by sora-yuki82 | 2005-10-10 08:43 | スイス


リヨン在住サックス吹き  ゆかりの日記等
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント

作者紹介

フランス・リヨンで精進中サクソフォニスト。リヨン国立音楽院在学中。ばち広島人。あまりの物忘れのひどさに危機感を覚え、日々の記録としてのブログ作成に至る。


Link

♪まいこさん
ウサギとSAXのブログ

♪ひろえちゃん
HIROE.SAX@france



最新のトラックバック
アナログ録音 といえば
from アナログ録音?
スイス
from 世界の旅
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧